« イシナギを喰らう! | トップページ | 八景 荒川屋 午前シロギス 取材 »

2012年9月13日 (木)

釣場速報 伊仁丸 船石鯛取材

7月19日(木)神奈川県 三浦 間口港 伊仁丸

P7190532

今年絶好調の剣崎沖 船石鯛へ行って参りました。 

週刊新聞 『釣場速報』の取材です。

べた凪に加え、風一つない 夏日note この日は、松輪磯脇に産卵で浅瀬にのっ込んでくるカマスの噂を聞き!! 石鯛釣りの前にルアーカマスを狙う事と成った。 上から覗き込むとカマスの群れが数百sweat01いいや 数千匹 目認できるdash

P7190537

嫌に成る程 入れ食いとまではいかなかったんですが、ポツリポツリと 産卵のブットイカマスが船中に上がりましたよ。 ルアーはミノーやバイブレーション!! 潮が気に入らなかったのか知らないが!! ここの所入れ食いでクーラー満タン と言う噂から 少し肩を落とす感じでした。 でも 良いカマスですlovely

P7190519_2

今回は30分、カマスで遊んでから行く予定だったんですがナカナカ掛らないカマスに四苦八苦して 1時間もやってしまいましたsweat01  そして いつもの生簀に行き カラス貝を船の上に詰め込みます。 

P7190521

石鯛釣りの登竜門・・・カラス貝の剥き方をレクチャーしましょうgood ベテランになるとこの貝剥きが 手早く 綺麗に仕上がるんです。 

P7190523_2

貝の蝶番を 貝の殻に沿って片側だけを切る

P7190524

身を片側に寄せて 反対側の蝶番も綺麗に切り取る。 この際に貝の紐も綺麗に縁をなぞりながら丁寧に・・・

P7190525

一周回して 殻と身を離す。

P7190526

そして最後に貝剥きを押して 身だけをバケツに落としていく。 上級者の剥き身はプリンッと輝く程の付け餌に仕上がります。 何度も何度も経験すると手返しも早くなります。

P7190534

潮の速さによりハリスの長さを調整する。 潮が速い時は長め 潮が止まっている時は短めにしてあたりに備える

P7190531

皆仲間なんですが 竿を自作で作ってきたり 船石鯛製作専門の釣具店にオーダーしたりと 肘当ての付いたカッコいい竿を 持ってくるんですよ。 リールはFujiのプラスチックリール100か ダイワのバイキングでやっています。 ライン 及び ハリスはフロロカーボン10号を使用しています。 株)DUEL 船スペシャル/ハイパーカーボン 是非使ってくださいねgood

P7190545

朝一の潮の落ち着いた時間で ドカンッと出ました。 筋力的な引き込み。 先調子で胴が太い専用竿が 根元から渋りこまれます。 快感ですよ まさにバトルですimpact

P7190527

時合いに合わせて 船中掛けまくるがフッキングが合わず 悔しい悲鳴が木霊する。 そんな中 自作竿でtomeさんが釣り上げた。 1kちょいと言った所。 合わせのタイミングこれもドキドキで楽しいんです。 一気にカンヌキをぶち抜く 鋭くそして力強いフッキング決まった瞬間 ゴングが鳴りますimpact

P7190538

岩崎さんのデカウマズラ!! この釣りは外道も豊富なのも楽しい釣りなんです。 カワハギやカサゴ メジナ 真鯛など多種な魚とご対面できますよ。

P7190529

潮が徐々に早くなって、沖の根に移動。 すると周りでボコボコとボイルが近づいてくるではありませんか!! すかさず ルアーを投げ込むと ヒラマサが食って来ました。 今年はイナダ ワラサが大発生 そこらじゅうでボコボコやっています。 そんな中でヒラマサも時折出る傾向なんです。 2k位でしたかね。

P7190536_2

潮が速い あっという間にラインが斜めにそして、錘を時折飛ばして仕掛けを潮下へ運んで行く。 しかし25号の錘はあっという間に根の縁から落ち とんでもない方向へ流れて行く。 正に川ですdash  こうなっちゃうと歯が立たなくなっちゃうんですよこの釣りは! 結局私が釣った3k筆頭に 1.5k そして tomeさんの1.0k に石垣が混じりました。 外道は沢山note 写真は写さなかったですけどね

P7190554_2

今回潮が止まる時間にカマスを必要以上に追い掛けてしまった為、石鯛の時合が一瞬だったです。 でもなんとか本命が見れて取材にはなりました。

P7190555

若船長の伊仁丸 イニチャン 今回もお世話になりました。 しかしこの釣りは、本当に魅力的な釣りです。 竿先をじっと見つめ 細かいあたりから 電撃フッキング 強烈な〆込みimpact 一度やったら病み付きになります。 皆さんも未だシーズンですから是非一度やってみてくださいね。 最高な釣り応えに加え 石鯛の鰺の方も 極 です!! 

 

|

« イシナギを喰らう! | トップページ | 八景 荒川屋 午前シロギス 取材 »

コメント

カマスは干物のイメージが強い魚ですが、大好きな魚の一つデスネ。
目で追えるほどの魚影ですか!凄い!
カマスをメインに釣をしてみたいデスネ〜。
石鯛がどうでもイイ訳では有りませんが、リレー釣は相性が悪くてあまりやらない鬼カサゴ、必ず何方かがオデコになりますね。

大きい石鯛デスネ〜、それも時合をのがさないところがステキです。
縞が消えかけた石鯛!
まさに食べごろ!
ク〜美味しそうー

投稿: ヘルニアの鬼カサゴ | 2012年9月17日 (月) 13時21分

デッカイ石鯛ですね~lovely

”筋力的な引き込み”に”根元から渋りこまれる”とは
一度体感してみたいですね~

しかも、外道が多彩というところもheart04

想像?しただけで、ワクワクしちゃいますhappy02
 

投稿: タカ | 2012年9月24日 (月) 12時32分

xmas鬼さん
今度食べさせてあげたいです。
石鯛って素晴らしいですよ 本当に美味しいと思う魚ですから!
カマスも産卵前なので 実は刺身にしても美味しかったです。
鬼さんも 石鯛やりませんか? 一つテンヤもかなり楽しいですけど

石鯛もなかなかなもんですよぉ!!

投稿: Hisashi | 2012年9月25日 (火) 17時56分

yachtタカさん
今の剣崎沖は はっきり言って釣れていますよ
この前 初参加の方も 2枚釣りましたし その日は
坊主無しと言った感じです。 
ここの所絶好調なので 行く時は言ってください紹介しますので
もし時間が合えば もちろんご一緒しましょう!!

投稿: Hisashi | 2012年9月25日 (火) 17時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1134041/47061060

この記事へのトラックバック一覧です: 釣場速報 伊仁丸 船石鯛取材:

« イシナギを喰らう! | トップページ | 八景 荒川屋 午前シロギス 取材 »