« 純丸 アオリ烏賊 | トップページ | 第五回SFAカワハギ大会 走水教至丸 »

2012年12月18日 (火)

育丸 コマセ石鯛五目

11月22日(木) コマセ石鯛 老舗の宿 育丸 仕立!

Img_0555

会社の仲間と行って参りました。

コマセ石鯛、 サニービシ80号に クッション50cm ハリス5号 4.5m 2本針でやります。 餌/コマセはオキアミです。

Img_0549

出船をして、一度 港前に船を停泊させ、船長のレクチャーが始まります。 釣らせるぞッと言う意気込みが伝わってきますね。

シャクリ幅を徹底的に攻める そして 外道の居る場所なので 餌のチェックはまめに そして ローテーションを早く 手返し良く釣る事!! 動作混じりで分かり易いレクチャー 皆真剣に聞き入っています。

Img_0550

シャクリ竿で良いのですが ライトロッドでも楽しく出来ますよ。 私はLEADINGXA73で通しました。 今回は真鯛の食いも良いようなので、 石鯛の根・・・・そして 根の脇の真鯛狙いも行うとの事なので、鯛仕掛け3号 8mの仕掛けも手渡され 仕掛けをチェンジして石鯛と鯛を交互に攻めました。

Img_0558

石鯛は、大きくて1kと言った所でしょうか! 細かいサイズも混じりましたがポツリポツリと石鯛が船中に上がりました。 私も 1k弱をGet!! かかり釣りからすると細かいサイズですけど、今の石鯛分厚くてまん丸です。

Img_0561

Tomeさんは今回うちの会社のメンバーに加えて貰い参戦でした。 この日1番の真鯛1.5k位かな! 娘さんの祝いの鯛になって良かったですね。

Img_0560

私も真鯛を捕ったんですけど型が小さかったです。 でも船中皆釣っていた感じでした! 船長の流しが上手いんですね

Img_0557

でっぷりと太ったイナダが船中を騒がせる中 ワラサも上がりました。 剣崎沖魚種が豊富で色々な魚が掛ってきました。 ちなみに3号ハリスだったものですから ファイト時間は10分以上かかっていましたよ。 もしかしたら 大鯛じゃないかッて 慎重になりながらのファイトでした。

Img_0562

途中で暖かい味噌汁が出てくる・・・・・・・・・・・これが本当に嬉しいサービス!!

Img_0564

今回の釣果です。後半は40cmの鰺が入れ食いになり 石鯛以外にバラエティーに富んだ旬の魚が沢山釣れました。 外道も真鯛やイナダにワラサ オオアジにクーラーは満タンです。  

1年前に起きた事故 育丸さん心配しましたが、元気に完全復帰してより一層真剣に魚を釣らせて頂ける親切な船宿 と感じました。 人気の船宿なので今年も来年の予約を入れましたよ!!

Img_0601

石鯛は言う事のない脂の乗り 素晴らしいとしか言いようのない刺身ですね。 全身トロってこういう事を言うんですね!

Img_0588

小型の石鯛は、アスパラガスとバター焼きです。 身離れが良くプリップリな身

Img_0574

脂の乗ったオオアジは初挑戦の自家製パスタで調理しました。 自家製バジルで ジェノバソースを作ったんですが、さっと和えましたよ。

Img_0594

鰺フライは3種 海苔チーズに 梅紫蘇 そしてプレーン

Img_0595

脂の乗った味やはり刺身最高 かわり巻きや ナメロウも!!

Img_0597

鯛の炙り刺身は さっぱりと わさび 塩カボスでいただく

Img_0593

鯛素麺が 私個人的に好きなんですよ!! 鯛の頭やガラに塩を振って焼く 昆布出汁に入れて出汁をとり 牡蠣醤油を少々入れて 素麺に合わせる。 水溶き片栗粉でほんのりとトロミをつけて ゆず皮を乗せる。 

Img_0591

真鯛ソテー ゆずジャムが自宅に有ったのでそれでソースを作りました。

Img_0600

鯛飯は鯛の身のみで、やはり焼いた鯛の出汁でやりましたが これまた正解でした!! ふっくらと仕上がりました!

Img_0598

そして最後は、カワハギの炙り 肝刺身です。 カワハギの薄皮を炙り そして肝も表面炙っちゃうんです。 これは一度やって癖になった一品です。 旨みが増します。是非お試しあれ!!

五目釣り 釣った後の食卓がバラエティーになって最高なんですよね。 剣崎の魚は何をやっても美味しい。 今回も海の恵みに感謝ですね。 美味しゅうございました!

|

« 純丸 アオリ烏賊 | トップページ | 第五回SFAカワハギ大会 走水教至丸 »

コメント

石鯛にしては、細かいのが多い!。
数釣れりゃいいんですか?。

投稿: | 2018年12月29日 (土) 00時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 育丸 コマセ石鯛五目:

« 純丸 アオリ烏賊 | トップページ | 第五回SFAカワハギ大会 走水教至丸 »